セキュリティソフトウエアがインストールされた環境で、エンジニアリング商品のスキャンニングソフトウエアをお使いのお客さまへ

セキュリティソフトウエアがインストールされたPC、Serverでスキャンニングソフトウエア「BT-Scan Service」、「DW-Scan III Service」、「DW-Scan IV Service」、「DW-Scan V Service」を使用した場合、以下のような現象が発生する場合がありますので、対処方法に記載した設定を行って下さい。

1. 現象

・スキャン実行時に、メッセージ「アプリケーションエラー」、「引数が正しくありません」を表示して、スキャンニングソフトウエアが停止します。

・スキャン実行時に、メッセージ「保存に失敗しました。保存先の空き容量が不足しています。」を表示します。

 

2. 対処方法

可能であれば、次の①と②の両方を設定して下さい。

① スキャンニングソフトウエアがインストールされているディレクトリ (*1) を、セキュリティソフトウエアの監視対象ディレクトリから外します (*2)。

② スキャンニングソフトウエアの実行ファイル (*3) を、セキュリティソフトウエアの監視対象アプリケーションから外します (*2), (*4)。

*1. 標準では "C:\Program Files\「スキャンニングソフトウエア名」" です。

*2. 詳しくは、ご使用のセキュリティソフトウエアの提供元へお問い合わせ下さい。

*3. 標準では "C:\Program Files\「スキャンニングソフトウエア名」\「スキャンニングソフトウエア名」.exe" です。

*4. ご使用のセキュリティソフトウエアによっては、設定がない場合があります。

[戻る]